Athlete Support

アスリート支援

アスリート支援

株式会社ANSIN-LINKはチャレンジを続けるアスリートを応援しています。

スノーボードクロス

桃野 慎也 / Shinya Momono

スノーボードクロス 日本代表

生年月日 : 1992/10/21

出身地 : 北海道

<主なリザルト>

2013 ワールドカップ18位(予選10位。日本男子史上最高記録)
2014 ワールドカップ21位(予選5位。日本男子史上最高記録)
2015 世界選手権(オーストリア)33位
2015 全日本選手権4連覇
2016 ワールドカップ8位
2019 世界選手権12位
2021 世界選手権16位

3歳でスキーを始め、小学1年生でスノーボードを始める。

小学2年生の時にスノーボードスラロームの大会に初出場し、初優勝。小学4年生の時にスノーボードクロスの大会に初出場し、初優勝。中学2年生で全国大会アルペン2冠。

高校2年生、スノーボードクロス日本代表入り。競技をアルペンとクロスを両方やっていたがスノーボードクロス1本に絞る。高校3年生、ジュニア世界選手権(ニュージーランド)出場。その成績が評価され18歳にして世界選手権スペイン出場。大学1年生からワールドカップツアー参戦。

ソチ五輪前、予選5位と日本人男子史上最高記録を出すが、決勝の経験の浅さから、決勝で勝つことが出来ず、オリンピック出場を逃す。
2016年3月World Cup スペインで日本人男子史上初の8位入賞。(男子アジア人初)

現在、スノーボードクロス全日本選手権4連覇中。国内大会18連勝。2019年に大腿骨骨折の怪我を負うも懸命なリハビリを経て復帰。復帰後、国内大会3連勝し、現在2022年北京五輪を目標に日々トレーニングに励んでいる。

スノボードを始めたキッカケは?

北海道出身なのでスキー場が近くにあり、地元のスノーボードチームに入ったのがきっかけです。もともとスポーツが大好きなので、何の迷いもなく始めていました。

主な活動拠点は?

オーストリアやスイスにいる期間が長いですね。夏はニュージーランド、秋はオーストリア、あとは世界中を周っています。国内では、福島県の会津高原のたかつえスキー場です。

海外の選手に勝つために工夫していることはありますか?

現状として、ヨーロッパやアメリカ勢に対して、アジア人が勝てないのは体格差だと思います。
身長が180cm以上、体重も80kg以上なければ、ほとんど予選を通過することはできません。トップ10に残る選手は大抵185cm、90kg位の体格がなので、世界で戦うための身体づくりは重視しています。

アジアでのスノーボードクロスの認知度はそれほどではなく、やはり主役は欧米の選手。そんな圧倒的に不利な環境のなかで、アジア人でも世界で戦える実力があることを世にアピールし続けたいと思っています。

今後の目標は?

着実に世界と戦うための地盤を固めつつ、多くのレース経験も積むことができるようになってきました。
そのかいあってか、2016年シーズンはワールドカップで日本人初の8位入賞を獲得、全米選手権は優勝と結果もついてくるようになり、今までのトレーニングの積み重ねが間違っていなかったことを実感しています。
今の目標は北京五輪でのメダル獲得です。さらにトレーニングに励みながら、世界の頂上を、世界の大きな壁を再び乗り越えていきたいと思います。

総合格闘技

若松 佑弥 / Yuya Wakamatsu

生年月日 : 1995/2/9

出身地 : 鹿児島県

<主なリザルト>

2016年 パンクラス 第22回ネオブラッド・トーナメント フライ級 優勝

後藤 丈治 / Joji Goto

生年月日 : 1996/3/9

出身地 : 北海道